出演者

1.17(SAT)

10:00 OPENING TALK
10:30 和太皷TAWOO
12:05 fula
12:55 大道芸チュゲ&わっしょい・ゆうた
13:35 義理と人情 (AZUMI・白崎映美)
14:25 ソーヤ海 [TALK]
15:20 TEX & SUN FLOWER SEED

1.18(SUN)

10:00 MountHill’s Orchestra
10:30 LOOPPOOL
11:20 獅子舞
12:00 細美武士(the HIATUS)[LIVE&TALK]
13:25 島キクジロウ&NO NUKES RIGHTS
13:55 岡田 哲扶 [TALK]
14:25 樽木栄一郎
15:30 山崎千裕+ROUTE14band

※整理券の配布などはありません。どなたでも無料で見ることができます。

プロフィール

細美武士(the HIATUS)[LIVE&TALK]

hosomi

細美くんと僕たちは、お互いに311震災から動き続けてきた色々と学びをみんなと共有していくための、トーク&ライブをやろうと相談しています。9月に福島県南相馬の騎馬武者ロックフェスであらためて細美くんと再会して以来、偶然色々な彼との場づくりが続いて、年末のtheHIATUS武道館もお手伝いすることになりました。そんな僕たちと細美くんのちょっと新しい場づくりのチャレンジが、2015年のはじまりです。(アースガーデン代表 南兵衛@鈴木幸一)

ELLEGARDEN活動休止後、the HIATUSのボーカルとして活動中。オルタナティブ、アートロック、エレクトロニカへ傾倒しつつも、ジャンル不問の新しい音楽を追究し続けている。また、2011年以降はソロアーティストとしての活動も活発になり、クラブDJやループサンプラーを用いた弾き語りライブも行っている。

和太皷TAWOO

tawoo_nezu

世界を舞台に活躍する和太皷バンドGOCOO-ゴクウ-のスピリットを受け継いだTAWOO-タヲ- 。タヲとは「道」。太鼓の道、そしてひとりひとりの生きてきた道が出逢い、広がり、開けていくように•••そんな願いが込められている。コドモからオトナまで、 誰もが太鼓に出逢うことのできる 『タヲ太皷道場』を柱に、様々なイベントへの出演、また保育園や小中学校、老人ホーム等での和太鼓ワークショップも展開。アースガーデン冬でのワークショップも、毎年好評を得ている。

義理と人情 (AZUMI・白崎映美)

写真

北の最果て羅臼で出会ったAZUMIと白崎映美。「流し、やりませんか?」全てはそこから始まりました。あなたの耳もとで歌います。流しのコンビ”義理と人情”

 

山崎千裕+ROUTE14band

th_route14band1

2010年夏、トランペット山崎千裕を中心に、ドラム山下智、ベース山本浩二、キーボード高見英、ギターMizで結成。「インストポップ」をテーマに、ジャズ、フュージョン、クラシック、ロックなど、多種多様なジャンルをミックスしたサウンドを武器としている。結成から半年で、単独ロサンゼルスツアーを敢行。各所で大盛況となり、海外での手応えを得る。2012年7月の札幌パークジャズライブコンテストでは日本全国の応募総数250組以上の中から、見事グランプリを獲得。さらに、2013年3月にテキサス州オースティンで行われるSXSW2013への出演が決まり、それに伴う、全米8都市9公演(テキサス、シカゴ、コロンバス、ニューヨーク、トロント、ラスベガス、ロサンゼルス、サンフランシスコ)のツアーを決行。2013年6月にはカナダで行われる国際ジャズフェスティバルへの出演。そして、2014年2月山崎千裕がソニーミュージックアーティスツよりメジャーデビューが決定!!さらに、SXSW2014への出演、テキサスツアー10公演を果たした。国内に留まらず、世界での活躍が期待されている、今、最も注目を集めるバンドの内のひとつである。

樽木栄一郎

th_taruki_mono_big

広島県福山市出身。独創的かつ芸術性豊かなギター弾き語りスタイルで、全国各地のカフェ、雑貨屋、ギャラリー、古民家、美容室など、様々な場所で話題を呼んでいる。絵描きやデザイナー等、異業種のクリエイターとのコラボも展開。2013年10月からオンエア中の、FM J-WAVE(81.3)の番組、『Smile on Sunday』のテーマ曲を担当。その他、ゲーム、CM、映画など多方面の音楽制作にも携わる。コンピレーションCDにも多数参加。 ドラマー「桷エイチロ」としても活動中。2015年1月21日に新譜『iro dori』をリリース予定。

TEX & SUN FLOWER SEED

TEX & SUN FLOWER SEED 2014

2002年末、東京にて結成。2013年までに6枚のCD & 7inchをリリース。福岡SUNSET LIVEやフジロック・フェスティバルを始めとする野外フェスにも出演する傍ら、各地の「アースデイ」「EARTH GARDEN」「NATURAL HIGH!」「PEACE MUSIC FESTA!辺野古」「さようなら原発1000万人アクション」「RADICAL MUSIC NETWORK」「FIGHT FOR RIGHTS」「選挙フェス」等、社会性の強いイベントへの出演も数多い。単身インドやキリバス共和国でのライブを行ったvoテツ、MATE POWER(ドイツ)にtb鉄観音が参加する等、メンバーの課外活動も盛んに行う中、幾多のサウンド変遷を経るも愚直なまでにストレートなメッセージは結成以来今も変わらない。

島キクジロウ&NO NUKES RIGHTS

th_IMG_2519

1962年名古屋市生まれ。1985年よりロック・バンドthe JUMPSボーカル。翌年にはブルーハーツ、レピッシュらとオムニバス・ライブ・アルバム『JUST A BEAT SHOW 1986.3.8 YANEURA』を発表し、その後も多数のCD等をリリース、2015年7月17日には新宿ロフトにて30周年を祝う。また、時代の転換期に直接対峙すべく、2010年末よりロック弁護士として活動を開始し、2014年1月と3月には約4000名の原告による原発メーカー訴訟を提起して、新しい人権「ノー・ニュークス権」を提唱している。

LOOPPOOL

LOOPPOOL

2008年結成のインストゥルメンタルジャムバンド。ガットギター柏原利之、アップライトベース小出栄司、ドラムス水口彰太が作り上げるジャズやエレクトロニカを軸にした独特な世界観が人気となり、同年にミニアルバムをリリース。路上ライブにてほぼ完売する。2013年には待望の1stアルバム『circle』をリリースしSunset Lounge、Greenroom Campなどの野外フェスにも出演。またJizue、no.9を迎え開催した船上パーティが大成功を収め、話題となる。2ndアルバム『√(root)』では、ゲストにNabowaのバイオリニストHiraku Yamamoto氏を迎えた楽曲や、日本のエレクトロニカシーンを代表するアーティストであるno.9氏のリミックス曲なども含む全11曲を収録した豪華盤をリリース。

fula

mini_X7A8386

fula(ふら)は日本の4人組バンド。メンバー構成は字引佑麿(Vocal/Guitar)、石川ユウイチ(Guitar/Chorus)、安本佑治(Bass/Chorus)、高木健(Drums/Chorus)。サッカーチーム所属時に意気投合し、今に至る。ジャムを基調にした野外で聴きたくなる開放感のある楽曲に、あたたかい歌声を乗せるプレースタイル。サーフ、ダンス、ジャズ、レゲエ、アフロビート、ときどきラウド、メタル、ミクスチャー。それらを長短様々なパスで紡ぎあげ、聴く人の心のゴールへ深く突き刺す。小洒落たアンサンブルの合間から時折顔を出す土臭いリズムが笑顔を呼び、優しさ時々エモーショナルな歌声が泣きを誘う。専ら「フェスの常連」を目指すfulaであるが、2014年は7月にGFB’14 つくばロックフェス、8月にRISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO、9月に牛窓ナチュラルキャンプ、10月にBEATRAM MUSIC FESTIVAL 2014と4ヶ月連続フェス出場を果たし、いよいよ本格的にフェスの似合うバンドの匂いが漂いはじめてきた。そんなfulaが満を持して9月24日に自身初のフルアルバムをリリース。その名も「The KING」!!そして、そのアルバムツアーがいよいよ2015年2月15日・代官山UNITでワンマンライブという大一番でファイナルを迎える。呑もう。笑おう。躍ろう。踊ろう。いつまでも夏は終わらない。

MountHill’s Orchestra

MounoHillsOrchestra写真

サックス&バンジョー、マンドリン、バイオリン、アコーディオン、ウッドベース、ドラムの6人編成。
各メンバーの様々なジャンルの音楽経験をいかし、2012年に結成。
都内各地でのライブやフェスをメインとして、ビールを片手に活動中。