出演者

加藤登紀子

写真:高水秀人

1943年ハルビン生まれ。

1965年、東京大学在学中に第2回日本アマチュアシャンソンコンクールに優勝し歌手デビュー。

1966年「赤い風船」でレコード大賞新人賞、1969年「ひとり寝の子守唄」、1971年「知床旅情」ではミリオンセラーとなりレコード大賞歌唱賞受賞。
以後、80枚以上のアルバムと多くのヒット曲を世に送り出す。

国内コンサートのみならず、1988年、90年N.Y.カーネギーホール公演をはじめ、世界各地でコンサートを行い1992年、芸術文化活動における功績に対してフランス政府からシュバリエ勲章を授けられた。
近年は、FUJI ROCK FESTIVALに毎年出演し、世代やジャンルの垣根を超え観客を魅了し続けている。

また年末恒例の日本酒を飲みながら歌う「ほろ酔いコンサート」は45年以上続いていて人気のイベントとして定着している。

歌手活動以外では女優として映画『居酒屋兆治』(1983年)に高倉健の女房役として出演した。
宮崎駿監督のスタジオジブリ・アニメ映画『紅の豚』(1992年)では声優としてマダム・ジーナ役を演じた。

地球環境問題にも取り組み、1997年WWFジャパン顧問及びWWFパンダ大使就任。
2000~2011年には環境省・UNEP国連環境計画親善大使に就任。アジア各地を訪れ、自らの目で見た自然環境の現状を広く伝え、音楽を通じた交流を重ねた。

私生活では1972年、学生運動で実刑判決を受け獄中にいた藤本敏夫と結婚し長女を出産。現在 子3人、孫7人。
次女Yaeは歌手。
夫・藤本敏夫(2002年死去)が手掛けた千葉県「鴨川自然王国」を子供達と共に運営し農的くらしを推進している。

https://www.tokiko.com/

Yae(半農半歌手)

Yae(シンガー)

東京生まれ。故藤本敏夫・歌手加藤登紀子の次女。2001年ポニーキャニオンからアルバムCD「new Aeon」でデビュー。存在感あふれる「声」で各地にファンの和を広げ、NHKみんなのうたや人気ゲームソフト、ウォルトディズニー生誕110周年記念作品ディズニー映画「くまのプーさん」の主題歌を歌唱。Yaeの代表曲「名も知らぬ花のように」は、日本ユニセフ協会の東北大震災応援メッセージCM「ハッピーバースデイ3.11」、2015年TBSテレビ60周年企画ドラマ 松嶋菜々子主演「レッドクロス~女たちの赤紙」の挿入歌として起用され反響を得る。小田急ロマンスカーテレビCMのテーマソング「ロマンスをもう一度」(~2018.5)も注目される。

海外ではキューバ音楽祭、サンフランシスコでの世界平和音楽賞の授賞式などに参加。2016年はデビュー15周年の記念アルバム「alive ~今ここに生きている~」をリリースし、全国24公演ツアーを開催。2018年には母 加藤登紀子プロデュース「未来への詩(うた)」コンサートをスタートさせる。

現在は、三児の母となり、家族とともに自然豊かな里山「鴨川自然王国」で、農を取り入れたスローライフを送り、ラジオのパーソナリティも務めながら全国でライブ活動を行っている。福島県飯館村「までい大使」(2011年1月~)、環境省「つなげよう、支えよう、森里川海プロジェクト」のアンバサダーとしてメッセージを発信するなど、国内外を問わず、社会貢献の支援イベント等へ積極的に参加している。

https://www.yaenet.com/

HONEBONE

アメリカ人ハーフEMILY、とKawaguchiによる男女フォークデュオ。実体験を元にした飾らない歌詞、「ギター漫談」とも評されるEMILYの飾らないキレのあるMCとKawaguchiの顔面パフォーマンスで話題のHONEBONE。EMILYはそのキャラを生かしてCM/MV出演、new balance、TOYOTA、BOSE等のWeb広告モデルや、テレビ東京『THE カラオケ★バトル』にもたびたび出演しテリー伊藤らにトークと歌声を絶賛されるなど強烈な個性をアピール。

instagramフォロワーは3万人を超え、Insta LIVEで『青山テルマ』と共演し、青山テルマ編集のフリーペーパーでモデルを努めた。アメーバブログではJ-POPチャートデイリー1位も獲得。ニッポン放送『オールナイトニッポンR』単発パーソナリティーに選ばれるなど様々な方面にも活動を広げる。J-WAVE『FRUIT MARKET』テーマソング・ジングルをHONEBONEが制作。2018年には笑福亭鶴瓶・上柳『お気に入りライブ』にHOENBONEが出演。鶴瓶師匠から歌とトークを大絶賛される。その特異なキャラクターを見初め、まさかのNHK BSプレミアムでHONEBONE初の冠特番『骨の髄まで歌います』が放送され、2019年にはテレビ東京『家、ついて行ってイイですか?』にEMILYが出演。

海を飛び越えて、中国でも話題を呼び、weiboアカウント開設わずか3日で2.6万人からフォローされる。2019年10月には台湾 台中市にて開催されている キャンプフェス 「CAMP de AMIGO」に出演。2020年にはEMILY主演品川庄司の品川監督が手がける映画「リスタート」が公開予定!全国のお茶の間から海外にまで、認知され始めている。

https://www.honebone.net/

DJ YO-GIN

DJ、プロデューサー、サウンドディレクター、音楽ライター、そして、あきる野市養沢でグランピングサイト「WOODLAND BOTHY」(ウッドランドボシー)を主宰。

90年代中盤より、HIPHOP、R&Bを軸とし、都内主要クラブからラウンジまで幅広く活躍。これまでにR&B、LATIN HOUSE、HIPHOP、CHILL OUTなど幅広いジャンルのCD&配信、DJプレイで、幅の広い知識からの選曲、独特のグルーヴ感をアピールしてきたが、あきる野市養沢への移住と共に4年前から「WOODLAND BOTHY」をスタート。その名のとおりの“森の中にある小屋”1日1組限定でだから過ごせる特別な体験を、素晴らしい自然と、抜群の料理と共に提供している。

最近では地域でのイベントや場づくりにも積極的で、あきる野&秋川流域に新しいカルチャーの風を吹き込みつつあり、今回は、地元地域を代表して参加。
http://woodlandbothy.jp/

南澤忠一&高水健(トーク)