出演者

STAGE FOR FUTURE

MIDORINOMARU
いよいよメインに登場!ピアノとドラムのグッドバイブス!注目インストバンドがいよいよその真骨頂を
THEラブ人間
下北に愛し、愛され10周年。恋愛至上主義音楽集団がアースガーデン夏に続いて出演!
佐藤タイジ&華純連
「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らなソンソン」徳島に400年間伝わる伝統をロックする!
Muff
身体を踊らせ、心を震わせ、フェスを湧かす!アースガーデン最重要バンドが真打ち登場
RADIACTIVE
生の熱量とミニマルなエッジをハイブリッドし即興的に展開、バンドとDJがハイブリットするニュースタイル
白崎映美&東北 6 県ろ〜るショー!!
上々颱風ボーカル白崎映美を中心にロック、ジャズ、歌謡、民謡などの雑食サウンドが爆発します!
no entry
至福へ誘うキャンプトロニカバンド、フェス、レイヴ、クラブ、etcを湧かすオーガニック&エレクトログルーヴ!
ミーワムーラ
いわき出身・在住のギターボーカルとギターのデュオ。秋の空気によく似合う、しっとりとしたサウンド
Afro Begue
圧倒的アフリカングルーヴで、フジロックなどの野外フェスを盛り上げる。ニューアルバムも楽しみ
きたはらいく
小学校の先生として、ママとして、優しい歌詞が、シンプルな弾き語りと共に心に届きます
ヘルメッツ
フジロックのルーキーアゴーゴー、オレンジカフェステージにも出演!等身大の歌詞とニールヤングを彷彿させるギターを楽しんで
華純連
阿波踊りのグルーヴが、佐藤タイジ&華純連でもフジロック、アラバキフェスなど各地のフェスにも拡大中!

SPROUT STAGE

Nagie Lane
男女混合アカペラグループ。モデル、トリリンガル、アレンジャーなど、多彩な才能が集結。
seasunsalt
実験的に、electro、ambientから織りなすサウンドとR&B、SOULなどを軸にしたメロディーが特徴のプロジェクト。
shule And christmas
日本、関西を中心に活動中。インストバンドなのに「歌」を聴いているような心地良いサウンド。ロック、エモ、ポップ、エレクトロニカ、ジャズ、様々なジャンルを取り入れ、オーバグラウンドに音を奏でる言葉の無いバンド。
Unwave
2017年3月 2011-2016年まで活動していた前身バンド「1箱86g」のGt.yutaとFRAMの二人で、音楽 ユニット「Unwave」(アンウェイヴ)を結成。3月31日に仙台MACANAにてアコースティックスタイルの初ライブをする。
Yuji Masagaki (正垣 雄治)
人間味のある演奏に力を入れ、独自のsoloベーススタイルを確立し、精力的に活動の幅を広げている
黒子首
Gt.Vo堀胃あげは率いるちょっとおしゃれな妖怪ポップスバンド。アコースティックギター、ベース、ドラムのスリーピース編成。
長靴をはいた猫
静寂と激情を大きく行き来し、日本語の響きを大切にした歌詞と、人を信じ切れずにいるような主人公の描写、彼女の歌声と共に呼吸するようなバンド・サウンドが特徴的。
北原ゆか
人生に行き詰まり絶望に打ちひしがれている中、奇跡的に見かけた路上ライブで聞いた楽曲に救われ、シンガーソングライターになることを強く決意し、2016年2月より活動開始。
toitoitoi
すべての舌打ちを投げキッスに!千葉県出身2人組ロックバンドtoitoitoi

GREEN ENERGY STAGE

Auto&mst
旅先やキャンプの感覚にトリップさせてくれる電子音と生演奏で表現するChillhop Navigato
FUNLETTERS
J-WAVEのTOKIO HOT 100にもランクインを果たした怠惰と愛のベッドルームポップユニット
MONJU N CHIE
「HPゼロで家に帰ろう!」をテーマに精力的に活動する2MC&1VOCALのラップユニット
nego minimal set
独自の「ループミュージック」を追求するnego。今回は3人編成の「nego minimal set」で出演
R N S T
静と動・抽象と具象・構築と破壊。両義性が生むグラデーションRNST
世田谷スクリーム
ラッパー、トラックメーカーによる世田谷を拠点に活動する不特定多数ユニット。
Babaroa
SYNCHRONICITY’19にも出演した次世代4人組ガールズインストバンド
NATURA rhythm
クロスロード、ubdy、erisuke。アースガーデンの出店者さんによるユニット

LIVE PAINT

STONE63
ART BATTLE JAPAN 2018 Vol.3では20分間のライブペインティングバトルで優勝を果たした要注目のPainter
unomori
「THE YELLOW MONKEY」の25t h記念グッズのイラストを務め、 2018年にはニューヨークで一のアートの激戦区チェルシーにあるギャラリーでの展示を果たした理系出身の絵描き
WAIF ONE(ウェイフワン)
ストリート感の漂う画風を武器に、現在は都内のクラブイベントを中心に、年間60〜70本のイベントに出演しているPainter
オオヤサヤカ
新しい価値観を一緒に考えたい画家。その表現方法は様々で繊細で細密なタッチと、情緒的な力強さがキャンバス上で共存している
高橋 洋平/Yohei Takahashi
東京在住。 タブロー・壁画・ライブペインティングなと、媒体に拘らす平面を主体に制作表現
小田佑二
壁画制作、野外フェスを中心としたライブペイント、キッズワークショップから、雑誌・書籍、web、音楽、ファッションなどの様々なジャンルのアートワークを手がけるなど、多方面で活動中