メッセージ

加藤登紀子

TOKIKO2017_bu_9002A-768x960

東日本大震災は、私たちに生きることの根底を守る大切な課題を突きつけました。近代化されたライフラインの脆弱さ、大きなマーケットに依存する食の危機、情報の隠蔽、避難時の理不尽、そして何より、原発の脅威。
この国に生きる者として、正念場の6年でした。
生き方を自ら変えた人、方向転換を目指す地域の自治体、変化は確実に起こっています。でも無念なのは、国の政治が見当違いな方向に向かっていること。闘いはこれからです。
Peace On Earth を通して出逢えたたくさんの人たち、アーティスト!
みんなで必死で勉強もしたね。楽しいセッションも!新しい場が生まれ、確かなものを見つけることができた大切な時間に心から感謝です。
ここにいつでも出会えるこの場所があることを、忘れないで!
被災した人達を孤立させないためにも、私たちが自分自身を見失わないためにも、毎年ここで逢いましょう!
もちろん今年の3月11日、ここに来ます!
揺れ動く思いを吐き出すために、確かな思いをもう一度確認するために。

岡泰史
パークロック石巻

oka_s-768x512

6年が経ち、震災からずっと繋がらせて頂いてる縁に感謝します。
この縁を大事にしこれからもっと成せることがあると信じてます。

高橋美加子
福島県南相馬市

mikako-768x700

だれも悪い人がいない
だれも悪いことをしていない



だけど
日本の国の中に
ある日突然
ぽっかりと空白地帯が出来る

やさしい日本国民は
その空白に気づかない



その空白のなかで
人知れずいのちを失っている人間がいることに
やさしい日本国民は
気づかない



むりせず
ありのままに
身の丈で
シンプルに暮らそう



そんな言葉の奥で
空白地帯は忘れられていく

そうならないように、私たちは発信を続けたいと思っています。
何もかもこれからです。

坂本龍一

SKMT-Artist-Photo-2016_1-689x1024

震災から6年が経ち、今でも仮設住宅に住んでいる人が何万人もいるのに、世間は災害のことも事故のことも忘れようとしている。もはやなかったことになりつつある。「ふざけんな!」って思います。1億人が忘れても僕はひとりでも声をあげつづけます。未来のためにも!

(坂本龍一さんは今年の3/11-12日比谷には参加されません)

鈴木幸一
ピースオンアース事務局長

DSC_5835s-768x512

あの震災から6年を想うと、言葉にできない複雑な気持ちが湧いてきます。そして毎年3月11日日比谷公園、誰かと一緒にこれまでの様々な出来事と自分の心の何かを共有したくて、多くの皆さんが集まってきます。集うことで、新しいご縁と意味も立ち上がり続けています。犠牲になられた皆さんと今もご苦労されている皆さんのためにも、今年と来年の311が週末であることを活かしたいと願っています。
どうぞ、よろしくお願いします。