【スタッフ、ボランティア募集】草間彌生、藤森照信らが参加、2ヶ月間のアートイベント「パビリオン・トウキョウ2021」

今年の夏、アースガーデンが場作りをお手伝いするイベントのひとつに、日本を代表する建築家・芸術家が参加する「パビリオン・トウキョウ2021」があります。

タンポポハウス、高過庵、多治見市モザイクタイルミュージアムなど自然と人工物が一体となった姿の建物を多く手掛ける藤森照信。金沢21世紀美術館、ニューヨークの〈ニュー・ミュージアム〉、〈ルーヴル・ランス〉などアクリルや金属板などの素材を用い空間と人がゆるやかに接続し合う建築設計で知られる妹島和世。その他、さまざまな建築家に加え、会田誠草間彌生などの芸術家も参加する、2ヶ月間のアートイベントです。企画、キュレーションはワタリウム美術館がつとめます。

このイベントをお手伝いしてくれるアルバイトスタッフとボランティアスタッフを募集します!アート、建築にご興味がある方、ぜひご応募ください!

パビリオン・トウキョウ2021

「パビリオン・トウキョウ2021」は、世界にまだ知られていない日本文化の魅力を世界に伝えるためのプロジェクトです。近年、世界各地で活躍し注目を集めている日本人の建築家6名とアーティスト2名に、それぞれ独自のパビリオンを設計してもらい、新国立競技場を中心とするエリアに設置し、未来の建築やアートとして紹介します。

制作される8つのパビリオンには、それぞれの建築家、アーティストたちの東京の未来への願いが込められ、観客は地図を片手に宝さがしのように、あるいは散歩のかたわらパビリオンを巡ることができます。

開催期間は2021年7月1日(木)から9月5日(日)。会期中は都内各所でパビリオンの見学が可能となります。今後、制作過程などを公開しながら、本企画を通して東京の都市としての魅力を広く発信していく予定です。

参加クリエイター

藤森照信
妹島和世
藤本壮介
石上純也
平田晃久
藤原徹平
会田誠
草間彌生

パビリオン最新プラン

スタッフ募集

アルバイトスタッフ「パビリオン・リーダー」&「パビリオン・トレーナー」

求める人材
・建築・アートに関心がある
・作品の魅力を伝える仕事がしたい
・ホスピタリティがある
・新しいプロジェクトに積極的に取り組みたい
・英語を使って話したい
・日本文化を紹介したい

有給での募集です

ボランティアスタッフ「パビリオン・ガイド」

求める人材
・建築・アートに関心がある
・作品の魅力を伝える仕事がしたい
・ホスピタリティがある
・新しいプロジェクトに積極的に取り組みたい
・英語を使って話したい
・日本文化を紹介したい