s1200_トップ画像

シリアの女性たちの刺繍も。【刺繍special】一針一針に想いをのせて〜代々木クラフトフェア〜

今週末のアースガーデン秋は、代々木クラフトフェア。会場全体に、たくさんの作家さんとその作品が並びますが、今回是非手に取ってじっくり見ていただきたいのが、丸テーブルで出店するクラフトテーブル【刺繍special】です。どの作家さんの作品も、すばらしいものばかり。一針一針に想いをのせた作品と、参加される方々のご紹介をさせて頂きます。

イブラ・ワ・ハイト:クラフトテーブルno.117

イブラ・ワ・ハイトとは、アラビア語で『針と糸』を意味します。シリア紛争の中、生活基盤のほぼすべてを失った女性たちに『針と糸』で収入の道をひらくプロジェクトです。被災者自身が生計をたてるための「自活支援」が急務となっているなか、避難先の仮住まいなどで作られる、シリアの伝統刺繍をベースにした、シリア人女性の手刺繍、およびそれをあしらった製品を販売します。

https://www.facebook.com/Iburawahaito

s1200_IMG_1480

s1200_くるみボタン文字

s1200_トップ画像

工房ミノリ:クラフトテーブルno.116

普段は着物や和装小物などを制作しております。
日常使いではなく、特別な日をより彩ることができるような物を。と考えて刺しています。
日本刺繍はあまり馴染みがない工芸品かと思いますが、そんな日本刺繍を少しでも身近に感じていただけたら嬉しいです。

http://minoricompany.blogspot.jp/

s1200_工房ミノリ_1

s1200_工房ミノリ_2

ARAKi NAGOMi:クラフトテーブルno.115

立体刺繍の技法で植物や野菜、フルーツを主なモチーフとしてアクセサリーを制作しています。モチーフの持つ瑞々しさや、豊かな色彩を表現することにこだわっています。

http://nicos-garden.tumblr.com/

s1200_berryring

s1200_strawberry

Piikan:クラフトテーブルno.114

土台となる生地の上に手刺繍を施し、その上から一つづつビーズを重ねて縫い付ける事で立体感を出す手法が特徴。野菜やお花などのモチーフや曲線と直線を使った幾何学模様のデザインなど、幅広く作品を製作中。

http://www.piikan.com/

s1200_piikan_hana

s1200_Piikan_yasai

MAUKO PIRIKA:刺繍specialの横 ブースno.123

自然素材の一点もの衣服や小物・草木染作品・自然界や宇宙からインスパイアされ描くオリジナル模様のアイヌ刺繍作品等を製作しています。自然と共に暮らして来た先住民アイヌの刺繍や模様は、装飾的な目的だけでなく、身につける人を危険や悪い精霊から守り、保護するという、魔除けやお守りの意味があります。

https://www.facebook.com/maukopirika

s1200_ポーチ

s1200_服

刺繍の作品は、作家さんが一針一針刺した、その時間ごと受け取るような気持ちになります。ゆったりとしたその時間を、作品から感じてみてください。お楽しみに

earth garden ”秋” 2015
http://www.earth-garden.jp/event/eg-2015-autumn/