s_札幌YWCA・壘開所礼拝

【特典あり】”アースガーデンを見た!”でお得な社会や人にやさしいカフェ特集|1/31まで

国際平和NGOのYWCAより、お知らせです。この季節にぴったり、心も身体も温まる、お得なカフェ情報をお届けします。ご紹介するのは、人にも環境にもやさしい札幌・東京・横浜のカフェ。「アースガーデンを見た!」で、お得な特典や割引があります。2018年1月31日(水)までの期間限定なので、hurry up!年末年始の営業日・時間についてはお問い合わせください。

「壘・つながる・重なる」場  Y’s Café ・ カフェ壘

「アースガーデンを見た!」で、食後のホットコーヒーか紅茶を無料でご提供します

札幌YWCAでは、ボランティアの方々が2つのカフェを運営しています。

1軒目のY’s Caféは、手作りで安全なものを手ごろな価格で食べられるように、また地域の人たちの交流の場となるように願って、今から13年前の2004年6月にオープン。札幌市による「さっぽろ食の安全・安心推進協定」を締結しています。

カフェではフェアトレード商品(チョコレートや紅茶)を扱っています。中でも、マウベシコーヒーは私たちのおすすめ。東ティモール支援のために北海道で初めて仕入れ、カフェで焙煎して提供しています。コクのある美味しいコーヒーです。ケーキセットもおすすめ。シフォンケーキ、チーズケーキ、アップルパイの3種類からお選びいただけます。コーヒーと紅茶のセットでどうぞ。また、お持ち帰りできる、北海道産小麦を使ったパウンドケーキも大好評です。レーズン、チョコ、紅茶の3種類があり、一番の人気はレーズン。ずっしりとしたパウンドですが、一度食べたら、再び手に取りたくなる美味しさです。カットケーキもありますので、食後に、おやつに召し上がっていただけます。

また、カフェの一角には、チャリティーバザーコーナーも設けられており、寄付された衣料や雑貨を置いています。売り上げは、イラクの子どもたちの医療支援金、道内の養護施設支援金、そして札幌YWCAの活動費になっています。

写真右: カフェ壘を訪れた人が、少しずつ編んだモチーフ。それをつなぎ合わせたブランケットができあがりました。
写真右: カフェ壘を訪れた人が、少しずつ編んだモチーフ。それをつなぎ合わせたブランケットができあがりました。

2軒目の壘は、今年4月にオープンしたブックカフェ。美しい藻岩山の麓にあり、四季折々の札幌の季節を身近に感じられます。2700冊の本と木のぬくもりのスペースが、皆さんをお待ちしています。キッズスペースもあり、絵本も取り揃えているので、お子さんと一緒でも安心してお過ごしいただけます。

カレー(バングラデシュ、ヘルシー、グリーンの3種類)とスープ、ケーキセット(アップルパイ、シフォン、季節のケーキ等)が主なメニュー。

カフェは午後、さまざまなプログラムが実施される集いの空間に。月・金曜日は、不登校・ひきこもりの子どもたちのための学習支援。火曜日は、編み物や小物づくりの手仕事の日。水曜日は、お子さんと一緒の読み聞かせの時間。木曜日は、本を読みたい方のためのゆっくりした空間になります。ほっ、と一息つきにいらしてくださいね。

Y’s Cafe 
住所:札幌市北区北7条西6丁目2-30 北海道クリスチャンセンター内
最寄り駅: JR札幌駅北口から徒歩7分
営業時間:月曜日~土曜日 11:30~18:30営業
代表的なメニュー:バングラカレー

カフェ壘
住所:北海道札幌市中央区南22条西15 サニークレスト札幌1F
最寄り駅:市電電車事業所前から徒歩5分
営業時間:月曜日~金曜日 11:00~16:00営業
メニュー:ランチ(600円)、ランチドリンク【コーヒー、紅茶(hot/ice)】 +100円。ケーキ(300円)。ケーキ&コーヒーか紅茶(600円)など。

札幌YWCAウェブサイト:http://www.ywca.or.jp/~ywca0037/home.htm
ブログ:http://happyyscafe.blog.fc2.com/
Facebook:https://www.facebook.com/sapporoywca/

障がいを持つ人たちと共に カフェJOY

「アースガーデンを見た!」で、ランチドリンクをサービスします

長年障がい児支援や療育活動に取り組んできた東京YWCA板橋センターに、昨年9月「カフェ JOY」がオープンしました。ここは、障がいを持つ方たちが持っている力を伸ばし、働く喜びを感じられるように、との願いが込められた場所。手作りで、毎日いろいろな味が楽しめる「日替わりランチ」がおすすめです。550円でお財布も、お腹も、心もあったか。障害をもつ方と共につくる、あたたかいカフェに癒されに来てください。

この日の日替わりランチは「煮込みハンバーグ丼」。スープが付いて、550円。
この日の日替わりランチは「煮込みハンバーグ丼」。スープが付いて、550円。

「カフェJOY」(NPO法人東京YWCA福祉会のY’sコートゆい運営)
住所:東京都板橋区坂下1丁目34-25 東京YWCA板橋センター
最寄り駅:都営三田線志村三丁目駅から徒歩5分
営業時間:月曜日~金曜日 11:30~15:00営業(L.O.14時30分)
メニュー:写真は日替わりランチ(550円)。ドリンクセット650円、プチデザートセット650円、ドリンク&プチデザートセット700円。

東京YWCAウェブサイト:http://www.tokyo.ywca.or.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/NPO%E6%B3%95%E4%BA%BA%E6%9D%B1%E4%BA%AC%EF%BC%B9%EF%BC%B7%EF%BC%A3%EF%BC%A1%E7%A6%8F%E7%A5%89%E4%BC%9ATokyo-YWCA-Fukushikai-1015359045190950/

隠れ家カフェ × エンパワメント! Yカフェ パーショ

「アースガーデンを見た!」で、ランチやドリンク、ケーキセットが50円引きになります

横浜スタジアムと中華街の中間、そんな観光地の一角に「Yカフェ パーショ」はあります。「Yカフェ パーショ」は、お客様にほっと一息ついていただける空間であると同時に、生きづらさ、働きづらさを抱えて家に閉じこもりがちな女性が、安心して集い、働くチカラをつける場でもあります。最初は戸惑う実習生も、接客をするうちに顔見知りができて話せるようになり、「自分の居場所」と捉えてくれます。特別なことは必要ありません。ただ、お客様としてお越しいただくことが彼女たちのエンパワメントにも繋がります。

カフェの人気メニューは「タイのグリーンカレー」。タイ王宮の料理人に学んだ、という人から習った本格派。アクセントの辛さがクセになります。

上:パウンドケーキの種類はイチジクや栗、チョコレートなどなど、日替わりです。フェアトレードコーヒーとセットでどうぞ。
上:パウンドケーキの種類はイチジクや栗、チョコレートなどなど、日替わりです。フェアトレードコーヒーとセットでどうぞ。

使われているお米にも、ストーリーがあります。お米のふるさとは、山形県遊佐町。鳥海山の雪解け水が町中のいたるところから湧き出し、豊かに流れる、米どころ庄内平野の中でもファンの多い地域です。遊佐町の町内の素材を基にした有機肥料を主に、農薬を8割削減(当地比)した特別栽培で育てています。栽培しているお米は、翌年の種を取るため、選りすぐった苗を一本ずつ田植えし、鎌で刈り取り、杭掛け、乾燥。そして春の種まきまでにネズミに食べられないよう大切に保管するなど、手間ひま惜しまず大切に育てています。

s_横浜y

そして、お出ししているお米は2種類。1つが、日本米とジャスミンライス(高級香り米)の美味しいかけ合わせ、じゃすみん米(品種名:プリンセスサリー)です。粘り気が少なくサラサラした食感と、もっちりした粒の食感をお楽しみください。実るのが1か月ほど他の米より遅れるので、作業分散できてちょうどよいやら稲刈りが終わらないやら…。

もう1つが、伊藤さんちの米、ササシグレ。ササニシキの親にあたる幻の品種です。背が高いため倒れやすく(倒れると収穫前に芽が出てしまう)、また病気にも弱いため、一度、市場から姿を消しました。育てにくいのに作り続けるのは美味しいから。あまり欲張らず、ほどほどの肥料で育てると、背が高くならず育てやすくなります。その分、収穫量は少なめになりますが…やっぱり、やめられません。
食べに来て、生きづらさを抱えた女性たちの一歩を応援してください。

横浜YWCA「Yカフェ パーショ」

住所:横浜市中区山下町225番地横浜YWCA内 1階奥
最寄り駅:JR根岸線関内駅南口より徒歩6分、石川町駅北口より徒歩6分
営業時間:月曜日〜金曜日 11:00〜16:00営業 (ランチメニューは水曜限定。平日は毎日カフェ利用可)
メニュー:タイのグリーンカレーやハッシュドビーフ等のランチメニュー(600円)。ランチドリンク【コーヒー(hot/ice)、紅茶(hot/ice)】 +100円。パウンドケーキセット(500円)。フェアトレードコーヒー(300円)など。

横浜YWCAウェブサイト:http://yokohama-ywca.jp/
「Yカフェ パーショ」ウェブサイト:http://yokohama-ywca.jp/programs/cafe/index.html
Facebook:https://www.facebook.com/yokohama.ywca.ycafe.paso/