17670384_10213020971507268_991906868_o

【今月のゆび編み】花粉症さんをハッピーにする フラットゆびこま編みのティッシュボックスカバー

今月の衣食住>>>住
今月のテクニック>>>フラットゆびこま編み

桜の開花が始まる中、花粉に悩まされるこの季節。
涙や鼻水を拭き拭きするのに大量に使うティッシュ
をお気に入りの糸で編んだ手作りでカバーしてあげれば
やっかいゴトもハッピーに早変わり♪

さぁ、今月はゆびこま編みをフラットに編む
置くタイプのティッシュボックスカバーをご紹介。
吊るすタイプ、ポケットティッシュカバーも紹介しています!

フラットゆびこま編みのティッシュボックスカバー

(所要時間 約1時間/編み上がりサイズ約16×32cm)

・お好みの糸 黒の裂き布 約90m×1本、グラデーション糸 約30m×2本
・留め用ボタン 2個
・閉じ用針
・ハサミ
・自分のゆび

s_s_1

※糸の素材、編み具合によってできあがりサイズが変わってきます。
材料の長さ、編み上がりサイズは目安と考えてください
※今回使った糸は、黒の裂き布、コットン100%のグラデーション
2種類の組み合わせです

基本となるフラットゆびこま編みは、
2016年2月で紹介した
フラットゆびこま編みハウツーをご参考ください。
http://www.earth-garden.jp/shop-craft/48830/

1:黒の裂き布とグラデーション糸1本の2本取りで
ゆびくさり編みを19目編み、4段のフラットゆびこま編みをする

s_s_2

s_s_3

※完成サイズ約6×32cm

2:続いて、黒の裂き布のみでフラットゆびこま編みを16段編む

s_s_4

3:残り1本のグラデーション糸と黒の裂き布の2本取りで
4段のフラットゆびこま編みをし、ゆび引き抜き編みをする

s_s_5

s_s_6

※完成サイズ約32×33cm

4:端と端を中心で合わせ、残った黒の裂き布で片方側を閉じる

s_s_7

5:続いて、端と端を中心で合わせたところの両先端から約10cmを閉じ、ティッシュの出口(約12cm)を作る

s_s_8

6:閉じていない側のトップに、止め用のボタンを2個つける

s_s_9

7:6の内側に、ボタンにかけるようのヒモをつける

s_s_10

s_s_11

8:お好みで、余った黒の裂き布のところにビーズをデコレーションする

s_s_12

9:閉じていない側からティッシュボックスを入れ、ヒモとボタンで止めれば完成♪

s_s_13

s_s_14

フラットゆびこま編みのティッシュボックスカバーアレンジ

ティッシュボックスを入れる側にストラップをつけて吊るすタイプにすれば、キッチンなどで大活躍!

s_s_15

こちらはポケットティッシュカバータイプ。
バッグの中でうきうきするカラフルな引き揃え糸をチョイス♪

s_s_16

さぁ、編みましょ、伝えましょ、続けましょ。

次の新月4/26までの、mamayunoゆび編みinfo

▼毎週水曜・木曜 ゆび編み教室
http://mamayuno123.jugem.jp/?eid=1

▼4月1,2日(土日)春風@代々木公園
http://harukaze.asia/2017/

▼4月8,9日(土日)OUTDOOR DAY JAPAN@代々木公園
http://outdoorday.jp/

▼4月29,30日(土日)ARABAKI ROCK FEST
https://arabaki.com/