葛原 信太郎 のすべての投稿

道に迷うことがあったらアジアを旅をしなさい」という教師の一言に影響を受け、貧困問題を学ぶために明治学院大学に入学。在学中は、東南アジアでボランティア活動をしたり、NPO法人の副理事長をつとめる。卒業後、一般企業に就職したり、独立して、雑貨屋を開業したり。今は、earth gardenで、野外フェスの企画・運営やフリーペーパーやウェブの編集などを行う。
2

#熊本スイカ大作戦 【みんな】今年も予約販売開始!【食べて】減農薬・無化学肥料のスイカだよ

昨年のアースデイ東京、大きな地震に襲われた熊本のスイカの販売をキャンドルジュンさんを中心に行ったことを覚えている方も多いかと思います。また、昨年のアースガーデン夏では、そのスイカを使ったスイカジュースの販売もありました。 […]

blog_eyecatch

【小林武史インタビュー】生きる実感を取り戻すために、出会いに行く。ボランティアに行く。<Reborn-Art Festival>

2012年のap bank fesは、初回から開催場所としていた静岡県つま恋に加えて、淡路島と宮城県の3箇所開催となった。首都圏、阪神大震災から復興した関西、東日本大震災から1年半後の東北。人や出会いの循環へ思いを込めた […]

heder

クリープハイプ尾崎世界観、U-zhaan、スチャダラパーBose、ベッド・イン…まるで音楽雑誌のような”美容文芸誌”「髪とアタシ」

クリープハイプ尾崎世界観、U-zhaan、スチャダラパーBose、ベッド・イン…この並びを見る限り、なにかのフェスの出演者のようですが、、、違います。雑誌です。 じゃあ、音楽雑誌ってこと?いえいえ、違います。 「美容文芸 […]

ss_sono2

【あれから22年】1月16日、阪神淡路大震災があった前日に毎年見て欲しい映画「その街のこども 劇場版」

明日、1月17日は、阪神淡路大震災が起きた日。ぼくは横浜在住でまだ幼く、その頃の記憶はほとんどないのですが、高速道路が根こそぎ倒れた映像が映るリビングのTVを今でも強く覚えています。 昨年も紹介しましたが、1月16日の夜 […]

s1050det_1080

【インタビュー】哲学のある花束には生きやすさのヒントがある。「旅する花屋 ハヤシラボ」穴澤史雄さんに聞いてみた

テントの中にずらりと並ぶ花は、あまり見たことのないものも多い。その花を次々と選び、ブーケを作っていく。あっという間にできあがるその様は、まるでパフォーマンスのようであり、それ自体がアートだ。事実、「旅する花屋 ハヤシラボ […]

s1050main

【インタビュー】「フェスと地域のいい関係が、 街を面白くする」石巻から全国へ!鈴木 哲也さん

「石巻からやってきた面白い人がいるよ!」 鈴木哲也さんに会ったのは、仕事の先輩が連れて行ってくれた横浜での飲み会でのこと。いろいろ話していたら、共通の知り合いがわんさかいることが分かりました。しかもみんなフェス関係者。 […]